船橋市で家族葬を上げるための秘訣

多くの葬儀社が各種の家族葬プランを設け、便利な場所に斎場も多い船橋市は、希望に合うプランを探すのがかえって大変という面があります。事前にある程度知識を得ておいて、満足できる内容のプランが見つかった場合、その葬儀社に決めておくほうがいざという時にも安心です。家族が入院先で亡くなると、素早い遺体搬送を望む病院側は親しくしている葬儀社を勧めてきます。プランの内容を把握しないまま慌てて契約してしまうと、予算をはるかに超えた葬儀となってしまうこともあります。冷静に詳細内容や金額を精査できるときに選んでおくほうが理にかなっていると言えます。終活ブームによって、事前に葬儀や墓所について決めておいて、エンディングノートに記載するということが推奨されるようになってきました。家族のためにも、自分で調べて葬儀社を決定する人も増えつつあります。準備することがむしろ、当たり前と考えられるようになってきています。

同じプラン内容でも葬儀社ごとに価格差が

家族葬は、大抵の葬儀社が3つのプランに分けて価格を提示しています。従来と同様2日かけてお通夜と告別式を行うタイプ、お通夜がなく告別式のみの一日葬、お通夜も告別式も行わず、火葬のみの直葬です。同じプラン内容でありながら、葬儀社によって価格に大きな違いがあります。首都圏のほかの地域同様、船橋市でも選ばれやすくなっているのが、もっとも費用がかからない直葬です。なかには10万円以下の格安価格で広告を出している葬儀社もあり、その安さに惹かれて選んだ結果、オプション料金を加算されて、結果的に高くつくというケースもあります。直葬にかかる平均的な費用は約25万円と言われていますので、広告で10万円以下になっている場合、必要な祭具や、遺体の搬送や安置の費用がオプションで加算されて、請求時には倍以上になることがほとんどです。むしろ、最初から平均的な額で提示している葬儀社を選んでおくほうが安心と言えます。

プラン内容の詳細を精査できる事前リサーチ

従来タイプの葬儀よりも、費用を抑え目にして行えるのも家族葬の魅力の一つですが、選び方によっては後悔の残る葬儀になってしまいかねません。比較サイトなどで選び始めると、価格の安さのみに注目しがちになりますが、各社が提示している基本料金は、最初から必要なものがそろっての価格とオプション加算していく形での基本料金となっている場合がありますので、プラン内容の精査が重要となってきます。各葬儀社のプラン内容を冷静に精査するためには、やはり事前にある程度の知識を得て、希望する形式と規模、参列する家族と親戚、親しい友人など、人数をはっきりさせておくことが大事です。そのうえで斎場の立地なども考慮に入れながら、葬儀社を絞り込んでいきます。船橋市は葬儀社の数が多いことから、同じプラン内容で価格も同じくらいとなっており、選びかねることもあります。そういった場合、実際に利用した人の口コミも参考になります。業者間の競争が激しいだけに、今後、より良い家族葬が行えるプランが増えることも期待されます。